初期遊戯王だいすき:02環境このぴーブログ

カテゴリ: 遊戯王カード コレクション

今回も購入品紹介!!

買ってしまいました!



《千眼の邪教神》《レッド・サイクロプス》
FullSizeRender
これらは2期の第2弾〜第9弾パックに存在した「ノーマルレア」とされているカードです。
「ノーマルレア」は、1BOXの封入率が非常に低いノーマルのカードという意味で、
”されている”と濁したのは、KONAMIが正式に認めているレアリティーではないからです。


《レッド・サイクロプス》
FullSizeRender
第7弾パックで登場したカード!

悪魔族アタッカーでぜひ持っておきたいカードがこれ!
攻撃力は《ランプの魔精 ラ・ジーン》と同じですが、注目すべきは守備力!
以外にも、1ターン目にセットしておくという戦法がなかなか効果を発揮します。



IMG_5936
今回2枚ゲットし、これまで持っていた文と合わせて5枚になりました。





《千眼の邪教神》
FullSizeRender
第2弾パックで登場したカード!

《サウザンド・アイズ・サクリファイス》の融合召喚に必要なカードです!
星1攻守0で「最弱ステータス」となっています。
しかも、融合召喚の素材としての使用方法しかないという、悲しいカード。



《その他》
IMG_5937
これらは2期ブースタークロニクル収録カードです。
収録枚数が多いので意外と持っていないカードがありまして、
《紅陽鳥》《ドッペルゲンガー》はコレクション用です。

《アックス・レイダー》は光っててカッコいので買いました(笑)



《シモッチによる副作用》
IMG_5938
このカード、意外にストレージないんです!
1年以上前からカード収集を始めましたが、これでやっと3枚目!
メルカリとかを使ったらすぐ手に入ると思いますが、お値段がね。。。




ということで、ノーレアカードなどなどの購入品紹介でございました!




このぴーのYoutubeチャンネルもよろしくお願いします!!









今日は購入品紹介!
先日購入しました。

1期字レアの通常モンスターです!


《カラス天狗》《アサシン》
FullSizeRender
1枚30円のストレージで発見!
ボロいですが、それ以上に珍しいので購入。



《カラス天狗》
FullSizeRender
神通力が使える、物知りの天狗。
召喚には生贄が必要です。

写真のものはVol.5版です!
カドが汚いです。



《アサシン》
FullSizeRender
こちらはBooster版です。
なんと、このカードは1期だけで3回収録されています。

どうやって見分けるのか、その方法を教えましょう。



◯1期《アサシン》の見分け方!

ストレージで《アサシン》に出会った時、どのバージョンかを見分けましょう!
まず《アサシン》は以下の3つに収録されていました。

・EX (Nomal)
・Vol.3 (Rare)
・Booster2 (Rare)

①レアリティを確認する!
 →今回は字レアなので、EXの可能性はなくなりました。

②カード表面のテカり具合で判断!
 →VolとBoosterは、生産に使用した紙が違うのか、テカり方が違います。
  画像で見てみましょう。


・Volシリーズのテカり方。
FullSizeRender
光をあてると、非常に細かいツブツブが見えると思います。
キメが細かくて、どちらかというとつや消し気味の表面がVolです!
EXやSTARTER BOXもこんな感じです。
よって、このカードはVol版と判断できます。


・Boosterシリーズの表面
FullSizeRender
Volと比べると、表面のツブツブが荒いです。
そして、どちらかというとツルツル感があります。
実際に手元のカードで確認いただければ1発でわかりますよ!

よって、この《アサシン》はBooster2版であると断定できます。



少々マニアックな内容になりましたが、
VolとBoosterの見分け方、これであなたも実践できます!




このぴーのYoutubeチャンネルもよろしくお願いします!!

今日は僕が持っているコレクションの中から
「こんなカードしらねぇよ」的なカードを紹介!!
マニアックな内容になっております!



全てブースターシリーズのカードです。

・ブースターシリーズとは
 1期と2期に存在したシリーズ、カード専用自販機で売られていました。
 特に1期のブースターは遊戯王人気が爆発した2期の頃にはもう売られておらず、
 僕は目にすることはありませんでした、販売期間も短かったようです。
 そういった経緯から現在ではカード屋でもなかなか目にすることはありません。

 僕は2期のブースターシリーズは購入したことがあります。
 ジャスコの最上階にある小さなゲームセンターの片隅にひっそりと自販機がありました。
 確か100円で3枚入りだった気がします。




それではカードの紹介に移りましょう!

《風の番人 ジン》
FullSizeRender
突風や竜巻で周囲のものを吹き飛ばすモンスター!
風のモンスターで実体がないのか、守備力の方が高いです。

「なにこれ、、、弱い、、、」
と思ったはずです、1期ブースターはほとんどが弱いカードです。
しかし、イラストやテキストに初期ならではの味があります。




《ヤマタノ竜絵巻》
FullSizeRender
「守備はかなり低い」って攻撃力も低いがな!
8つの首があるドラゴンが描かれた絵巻物、僕はゲームボーイの遊戯王で使用してました。
実際にOCGカードを手にしたのは去年のこと。
本当に初めて見ましたw

ヤマタノドラゴンって2期スピリットにいたなぁ




《バット》
IMG_5895
左右のハネから爆弾を落として攻撃してきます!
しかしザコいw
ゲームボーイの遊戯王ではお馴染みだと思います!
デュエルリンクスではキースのLv10が使ってたと思います。

ブースターはデュエルでは使い物にならないカードが多いですが、
コレクションとしては最高のシリーズです。





《ブークー》
IMG_5896
本です!
「ありとあらゆる魔法が書かれている」だけでコイツは魔法が使えるのか?
イラスト的には手と足が浮いている発想が面白いです。

デュエルリンクスではチュートリアルに登場しています。FullSizeRender






《ホワイト・ドルフィン》
IMG_5899
頭にツノを持つが、大波で攻撃してきます。
ツノも使えよ!
今までの流れと同じように、攻守は低いです!





《命ある花瓶》
IMG_5900
これもなかなかの味があります。
まず花瓶に見えねぇ、花瓶なのに植物族かよ!
実は1期Vol.1で登場した《火炎草》の色違いモンスターです。





《髑髏の寺院》
IMG_5901
めちゃくちゃ怖いです、こんな建物。
近づく者は吸い込まれるそうです。

このカード、6期の《アンデット・ワールド》に登場しています。
どこにいるかわかるでしょうか!
FullSizeRender
1期カードを知っていれば、それ以降のカードも楽しめます!
そんなことを教えてくれたカードでした。




《復讐のカッパ》
IMG_5902
こいつはマジでいいヤツです!
仲間のために自分を犠牲にする、、、悲しいストーリーがありそうです。
攻撃力は低い。




《ラムーン》
IMG_5903
このカードは知らない人が多いと思います。
僕も去年まで知りませんでした。

女性イラストということもあってか、
ネットやカードショップでは結構高い値段で売られているところもあります。




《闇の芸術家》
IMG_5904
効果が全く意味不明。。。
この効果を使った強力コンボなんてあるのか。。。
もともとの攻守も低すぎるし、デュエルでは使い物にならなさそう。

こういうカードはイラストを楽しみます。
石の彫刻のようなものが、青い竜みたいなヤツと緑の妖怪みたいなヤツに絡まれてます。
どういうイラストなんだ、、、どれが「芸術家」本体でどれが「作品」なんだ、、、
イラストも意味不明カードでした。。。




《キラー・ブロッブ》
IMG_5905
出ました、スライムの親分!
なめてかかると痛い目にあうそうです。
この時代の星3カードにしては攻撃力高めなのでは!?

スターターボックで登場した《チェンジ・スライム》の色違いモンスターです!
IMG_5924






《カラクリ蜘蛛》
FullSizeRender
こいつの攻撃を受けた闇属性モンスターは、破壊されます!
《ブラック・マジシャン》も《ゲート・ガーディアン》ですら敵ではない!
※ダメージ計算は適用されます。

ゲームボーイのソフトではよく登場していました。
なので小学生の頃から知っていましたが、OCG版を手に取ったのは去年が初でした。




《アクア・ドラゴン》
FullSizeRender
数少ない海竜族です!
そしてまさかの3体融合!
召喚しにくい上にそんなに強くない、初期ならではのとんでもモンスターカードw
もしも通常モンスターだったらかなり活躍したことでしょう!




《くちばしヘビ》
FullSizeRender
こんなに”ブースター的”なモンスターがいるだろうか。。。
ネーミング、星、攻守、イラスト、全てに味わいがある。。。

ブースターの中でもお気に入りのモンスターです。
真正面を向いている衝撃的なイラストは強く印象に残ります。
背景のなんとも言えない色合いと勢いがすごく好きです。




《魔界植物》
FullSizeRender
「植物」と言っておきながら悪魔族かよ!
テキストを見ると「酸を出して攻撃」
やっぱり植物なのか、、、

例によって攻守は低い!星も1!
非常にブースター的なカードです。

このカード、入手に苦労しました。
まぁ他のカードもそうでしたが、これは特に見つけにくい部類に入ります。
理由はわかりませんw




《3万年の白亀》
FullSizeRender
上級モンスター!
デュエルで使うならアタッカーは無理です、
生贄1体必要なので、デッキには採用しずらいかも、、、

《伝説の都ーアトランティス》を使えば生贄なしで召喚できます、
この辺りに活用へのヒントが隠されているかもしれません。





《岩石カメッター》
FullSizeRender
なんなんだこのネーミングセンス。。。
どうして顎の下が膨らんでいるんだ!
疑問点ばかりのカードw
こういうのが初期ならではです。




《古代魔導士》
FullSizeRender
「進」「昇」「禁」「創」と書かれた謎の杖を持っています。
顔面はほぼ全隠し、杖は漢字のくせに、衣装には解読不能な文字!

腕が4本あるのかと思ったら頭巾が腕のように動いて、
杖をしっかり持っています。

このカードは珍しい!
まず見たことがない!
僕はストレージで初めて発見しました。
「なんやこれは!」即購入しました。




《美しき魔物使い》
FullSizeRender
女性の魔物使い!
「ムチを手にすると性格が変わる」そうですが、このイラストは性格が変わった状態ということですね。
ムチを手放すとどんな人になるのか、気になります。




《地獄の魔物使い》
FullSizeRender
こっちは男性の魔物使いだ!
実は、原作で登場しています。迷宮兄弟が使用していました。
召喚に生贄が必要な上に攻撃力が微妙、、、









今回はブースターのマイナーなカードを紹介しました!
初期にはまだまだ知らないカードが沢山潜んでいます!
まだ見ぬカードとの出会いを求めて、ストレージに行ってみるのも楽しいですよ!!


このぴーのYoutubeチャンネルもよろしくお願いします!!

今回は京都駅前のカードショップを巡りました!
実は京都駅の南側にカードショップが2つ存在しています。


・カードラボ アバンティ京都店
・ホビーステーション イオンモールKYOTO店


今回はカードラボさんで買いました。

《サンダー・ボルト》《メタモルポット》
IMG_5806



《サンダー・ボルト》
IMG_5807
伝説のパワーカード!初期のレジェンドカードですね!
とにかく効果テキストが頭の悪い文章(笑)



IMG_5810
古いカードなのでキズが多いです。
しかしまさかの150円!
この状態でも、こんな価格では手に入りにくいです。
マジでラッキーでした!



《メタモルポット》
IMG_5809
こちらは2期のブースタークロニクル(BC)版です。
1期、2期のブースターシリーズの集大成的なパックで、
代表的なカードが、高レアリティーで再登場しました。

《天使の施し》《王宮のお触れ》など、BCのスパーレアはなかなか見つけにくい!
しかもこのメタポは50円!
スリーブから出して驚愕しましたがあんまりキズがない!

これは永久保存版ですね!


これだからカード収集はやめられない!!



このぴーのYoutubeチャンネルもよろしくお願いします!!








今回は!
京都でカード店巡り!!

果たして、その結果は!?


まずは天下のブックオフ!
「BOOK OFF PLUS 河原町オーパ店」で購入

《ハーピィの羽根箒》
FullSizeRender
お安い!
ブックオフのポイントが使用できたので、最終的は520円くらいで購入!


傷はありますが、そこまで大ダメージは受けていませんでした
FullSizeRender


裏面。
FullSizeRender
下の方に謎の白い擦れ傷がありましたが、デッキに入れる時はスリーブに入れるので問題なし。

このブックオフにはストレージもありましたが、
昔のカードはだいたい2期のPG、LB、RB、MEあたりのノーマルカードが多かったです。




続いては「アメニティードリーム京都店」
《神の宣告》
FullSizeRender
このお店には「高額カードストレージ」なるものがありました。
数百円のカードが透明スリーブに入れられて、ストレージに投入されていました。
1期2期の光り物がいくつか入っていましたが、分量は少ないです。
その中で僕はこのカードを購入!
ライフを半分払えば、大抵のものを無効にできるパワーカード。


FullSizeRender
そこまでダメージ品ではありません。

どんなデッキにも入れられるカードではないので、
02環境プレイヤー的には数枚あれば十分。
コレクションが充実しました。ありがたい。




続いては
「イエローサブマリン京都店」
FullSizeRender
《死者蘇生》《封印されし者の右腕》


これはいい買い物でした。
やばい。

《死者蘇生》
FullSizeRender
300円でショーケースに並んでいましたが、この値段ではなかなか手に入りません!
散々いろんなお店を回りましたが、こんな低価格なのは数回しかお目にかかったことがない!

FullSizeRender
裏面は多少枠ずれしていました。
昔ながらのクオリティーですね。

デッキのカードはできるだけ1期にしたい僕は、家に帰った瞬間にデッキに投入!



《封印されし者の右腕》
IMG_5787
右腕です、確かゲームの攻略本の付録だったと思います。
下の角が折れていました。だから150円なのか


IMG_5788
裏面もなかなか年季が入っていました。

しかし注目すべき点はここではありません。
なんといわゆる「スタジオ・ダイス版」だったのです。
IMG_5790
右下に注目。
「スタジオ・ダイス」の表記があります。

この表記は2期以降の全カードに記されています。
1期はというと、Vol.4〜Vol.7に表記されている物が存在します。

これは生産時期の違いからくるものだそうです、
OCG2期に突入した直後は、1期カードの生産は続けられていて、
2期になってから生産された1期のカードに「スタジオ・ダイス」の表記が追加されました。

また、いわゆる「ダイス版」は生産数が少ないようで、
実際あまり見かけることがありません、特にVol.4とVol.5。

比較的ダイス版を手に入れやすいのは1期最後のパックであるVol.7です。
スタジオダイスの表記があるからといって、カードの値段がバク上がりすることは少ないです。

今回購入した《封印されし者の右腕》に限っては、
ダイス版が珍しいのかどうか僕にはわかりませんが、ほとんど見かけないことは確かです。






今回は京都でのカードショップ巡りでした!
ラストは「ダイス版」の話になってしまいましたが、、


このぴーのYoutubeチャンネルもよろしくお願いします!!














このページのトップヘ